ホンジュラス/エル デュラスノ農園 カトゥアイ FW

sc140

今回ご紹介する、ダイレクトトレード エル・デゥラスノ農園はインティブカ県 ポッソネグロと呼ばれる地域で栽培されたコーヒーです。生産者のサントス・アギーレさんは1992年12歳の時からコーヒー生産に従事しています。父親に教えてもらいながら苗床から苗木を移す簡単な作業から始め、現在は自ら農園管理ができるまでになりました。精製時のコーヒーの果肉の除去や、最も大切な工程である乾燥工程に細心の注意を払い、品質の向上と改良に取り組み、現在では剪定・土壌管理・有機肥料などの専門的な部分も管理し、日々品質の高いコーヒーを生み出しています。
このロットは、しっかりとした甘さ、ボディ感のある質感、柑橘系のさわやかな味わいなど、様々なフレーバーが楽しめます。1つ焙煎を深くするとチョコレートやローストしたアーモンドなどの香ばしさものぞき、マイルドな印象に!中深煎りのホンジュラスを楽しみたいかたにもおすすめのホンジュラスです。

産地情報>
ホンジュラスの生産地の中でも秘境の地ともいえる【ポッソネグロ】【サンチアゴ・デ・プリングラ】【チャギーテ】の3つのエリア。

3つに共通するのはコマヤグア、ラパス、インティブカの3県に跨るモンテシージョ山脈に沿ったエリアという事ですが、それぞれの山が異なり、少し異なる気候を有しています。また、ホンジュラスの中でも取り分け高い標高のエリアであり、近年非常に人気の高い生産エリアとなっています。
またチャギーテは、近年新たに開拓されたコーヒー生産エリアで、高いポテンシャルを持った注目のエリアでもあります。
これらのエリアはホンジュラスのスペシャルティコーヒーの中でも知って頂きたいエリアでもあります。
【ポッソ・ネグロ】
・インティブカ県北東部マサグアラ近郊の村。ラ・パス県とインティブカ県の境が谷あいとなっており、西側の山間部に位置しています。北東向きの斜面を向き、ラ・パス県側にサンチアゴ・プリングラとは県を跨いで向き合うような形。気温が18-25℃と涼しく、標高が高く1700m~1800mの高地に農園が点在しています。
・ICAFEの区分ではモンテシージョエリアに区分され、チャグイテやサンチアゴ・プリングラなどモンテシージョ山脈南部の山ごとに隣接したエリアですが、それぞれ土壌や日照条件、山の向きや気候条件がやや異なる。
・雨季乾季がはっきりしており、カラッと乾燥した土地で、日当たりが非常に良い。
・収穫期は1-3月頃で4月に開花
・濃厚な甘さとフルーティで強度のあるフレーバーが特徴的

カップコメント>オレンジ/グレープフルーツ/プラム/ハニー/カラメル/フローラル/ラウンドマウスフィール/
バランス

農園名 エル デュラスノ農園
農園主 サントス・アギーレ氏
位置 インティブカ県 ポッソネグロ
標高 1,700 m
品種 カトゥアイ
生産処理 ウォッシュド
roast06

※豆の量は生豆の状態での重量です。焙煎を選択される場合は、焙煎後1~2割ほど減量いたします。

100g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥799(税込)
数量
250g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥1,598(税込)
数量
500g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥2,797(税込)
数量