ルワンダ/ キリンビ CWS
アナエロビックナチュラル

sa78

他の生産国や消費国を訪問し精製技術やニーズを学び、収穫年度毎に様々なバリエーションの精製、クオリティ向上の取り組みを行っているキリンビCWS。今回は初めての取り組みとなるアナエロビックナチュラルのロットをご紹介します。厳選したA1グレードのチェリーを発酵用のタンクとシートを用いて48時間の嫌気性発酵をさせた後、ドライングテーブルで4~5週間かけて、丁寧に乾燥したロットです。元々ナチュラルプロセスの技術に定評のあるキリンビCWSは常盤でも人気のCWSです。アナエロ精製らしい、濃厚な甘さ、クランベリーや赤ワインのような豊かなフレーバーがあり、ホットでもアイスでもお楽しみいただけます。

キリンビ CWS情報>
キリンビコーヒーウォッシングステーション(以下、CWS)はルワンダ西部県ニャマシュケ郡に位置します。キリンビCWSはルワンダ最大の湖であるキブ湖にほど近く、土壌が肥沃でかつ、湖から吹く風により1日の寒暖差が大きいため、コーヒーの栽培に適した環境です。CWSは2015年に登録され、2016年2月より操業が開始されました。収穫初年度である2017年のロットがバリスタコンペティションで上位に入賞するなど脚光を浴び、操業初期ながらオセアニア・欧州を中心に高い評価をされました。現在はウォッシュト、ハニー、ナチュラルの3種類のコーヒーを生産しており、ルワンダで初めてナチュラル・ハニーの輸出が政府に公式に認められたCWSでもあります。他の生産国や消費国にも訪問し、精製技術やニーズを学び、収穫年度毎に様々なバリエーションの精製、クオリティ向上の取り組みを行っています。操業を開始して3年足らずでルワンダのスペシャルティコーヒーシーンに大きな影響を与えた、躍進を続けるCWSです。
※キリンビCWSが輸出許可を得る以前は、ルワンダにおいてNAEB(ルワンダ農業輸出局)の方針により、ナチュラル・ハニーの輸出は禁止されており、ウォシュドのコーヒーのみ輸出が許可されていました。

精製プロセス>
CWSに持ち込まれたチェリーの重量を量り、フローティングタンクに入れ、そこで沈んだ完熟したシンカーのみを使用します。清潔な発酵用タンクにチェリーを均等に平らにして入れ、シートをチェリーに密着させる形で被せ、さらにシート上部を水で覆います。キリンビCWSにおける発酵の理想的な温度は25℃で、このシート上部の水はチェリーの過度な温度上昇による腐敗を防ぎます。また、この水がタンクの蓋の役割を果たし、外気を遮断することでタンク内部で嫌気性発酵が進みます。48時間後にカバーを取った後、チェリーをドライングテーブルで約4~5週間かけて乾燥させます。乾燥中、テーブルには担当者が配置され、30分ごとにチェリーを攪拌しながら乾燥が進められます。

カップコメント>クランベリー/ブルーベリー/ブラックチェリー/アップル/カカオ/
シュガー/ラウンドマウスフィール/スウィートフィニッシュ

生産地区 西部県ニャマシェケ郡
品種 ブルボン
標高 1,550m〜1,850m
生産処理 アナエロビックナチュラル
roast05

※豆の量は生豆の状態での重量です。焙煎を選択される場合は、焙煎後1~2割ほど減量いたします。

100g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥1,339(税込)
数量
250g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥2,678(税込)
数量
500g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥4,687(税込)
数量