グァテマラ/ ロマス アルタス農園

sc138

今回TYPICAを通し、グァテマラ プリマヴェーラ社から届いたマイクロロットの中から買い付けたお豆です。とてもきれいな豆で、麻袋を開けた瞬間、とても驚きました。
このロットは、口当たりのまろやかさ、甘さの中にも果実味がバランスよく調和しています。焙煎度をロースト7~8まで深くすると香ばしい香りやマイルドな苦み、黒糖のような甘さがあり、ミルクとの相性もとてもよいコーヒーです。毎日たくさんコーヒーを飲む方は是非ご賞味ください!

プリマヴェーラ社>
プリマヴェーラ社の始まりは1880年に遡ります。ドイツのハンブルクでコーヒーの輸入業者を営んでいた四代前の先祖が、エステイト(農園)をマネジメントするためにグアテマラに渡りました。曽祖父の時代からコーヒー生産も開始され、その農園はナディーンの父に受け継がました。ナディーンの父はおもにハイコマーシャルコーヒーの生産と輸出の事業を営んでいます。そんな一家の長女であるナディーンは、まったく別のキャリアから9年前、23歳の時にコーヒーの世界に飛び込み、スペシャルティコーヒーに特化した事業を立ち上げました。約300の小規模生産者を束ね、おもにウエウエテナンゴ、フライハーネス産のコーヒーのポテンシャルの高さをもっと世界にひろめることに価値を感じています。

農園情報>
農園主のラウル・サンチェス氏はハラパコーヒーコミュニティのリーダー的存在です。この素晴らしい農園はこの地域で最高のコーヒーを生産する農園の一つです。
この地域は水が不足しやすいため、ラウル氏は収穫したチェリーをその日のうちにフライハーネスに運び精製処理をしています。ラウル氏は熟度のそろった質の高い豆を収穫の時に細心の注意を払い、ピックしています。

またラウル氏は、ハラパのDEL PARAISO生産組合にも関わっており、プリマヴェーラ社のようなスペシャルティコーヒーを取り扱うパートナーを探し、地域のコミュニティの生産者と購入者を結びつけることを支援し、ハラパのスペシャルティコーヒーの生産者に利益がもたらされるよう尽力しています。
彼のこれからの目標は、彼自身のコーヒーの品質を更に向上させ続けることです!

カップコメント>ナッツ/オレンジ/アプリコット/プラム/ブラウンシュガー/クリーミィマウスフィール

エリア ニューオリエンテ アルデア・ウルラルタ
オーナー ラウル・サンチェス・アグスティーノ
プロセス ウォッシュド
品種 カトゥーラ、パチェ、サンラモン
標高 1,800m
roast06

※豆の量は生豆の状態での重量です。焙煎を選択される場合は、焙煎後1~2割ほど減量いたします。

100g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥691(税込)
数量
250g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥1,382(税込)
数量
500g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥2,419(税込)
数量