ホンジュラス/モゴラ農園
ゲイシャ アナエロビックハニー

sc124

話題のゲイシャ種の中でもトップオブトップのクオリティを誇るエル・プエンテ農園。2016年COEでこのゲイシャ種で1位を獲得しました。オーナー・マルサベルさんが2021年にお父さんから譲り受けたのがこのモゴラ農園です。一家が初めてコーヒー生産を始めた場所です。今回、願いが叶い僅か10キロ限定で共同購入できました。
2月にアニバーサリーを迎える大宮本店・ネット店限定での販売!ゲイシャ種の持つ個性がアナエロハニーでさらに華やかな味わいに!同時発売中のエル・プエンテ農園ゲイシャとともに、この特別な一杯は、コーヒーの世界をさらに広げてくれます。自分のご褒美に、コーヒー好きな方への贈り物にもおすすめです。

農園情報>
マリサベルさんは、ホンジュラスの4世代続くコーヒー生産者の家に生まれ、幼少期よりご両親とともにコーヒー生産に携わってきました。現在はグアテマラ出身のご主人、モイセスさんとコーヒーの生産に従事しています。
2021年、マリサベルさんのお父様のファビオさんが、自身が所有していた複数の農園を手放すことを決意し、マリサベルさん・モイセスさんご夫妻に声を掛けました。マリサベルさんご夫妻はそれらの農園のうち、モゴラ地区とサン・ホセ地区の農園を買い取ることに決めました。特に、マリサベルさんの曾祖父のフェリペさんが初代オーナーを務めたモゴラ農園は、彼女の一族が初めてコーヒー生産を始めた場所であり、マリサベルさんの幼少期の思い出が多く残る、特別な思い入れのある農園です。

エル・プエンテ農園>
カップ・オブ・エクセレンスには、2004 年の初回大会から参加し、 2005 年に 2 位、 2006 年に 8位の成績を残しました。 2006 年からはゲイシャ種の栽培も開始し、 2016 年に参加した COE ではゲイシャで 1 位に輝きました。ご自身の経験も踏まえ、マリサベルさんは自分の農園のワーカーたちに、「何事も正しいやり方で行えば、時には非常に長い時間がかかることもあるけれど、望んだ結果を手に入れることができる」と教えているそうです。
マリサベルさんご夫妻は高品質コーヒーの生産に大変熱心で、どの品種が同農園での栽培に適しているのかを見極め、積極的に新たな品種の栽培に取り組んでいます。また、農園の近隣にある 2 つの学校に教室や食堂の建設や教材の寄付をしたり、毎年 1 名のワーカーを選抜し、家の建設費用を補助するなど、地域や農園従業員の生活レベル向上にも積極的に取り組んでおられます。

カップコメント>フローラル/ストロベリー/ラズベリー/チェリー/ピーチ/ライチ/白ワイン/ハニー

焙煎度>ゲイシャ種は特別な焙煎設定を行っております。オススメはロースト4と記載ありますが、特別焙煎にてご用意いたします。もし、特別焙煎以外の焙煎をご希望の場合は、ロースト4以外のご希望のローストをご選択ください。

 

農園名 モゴラ農園
農園主 マリサベル・カバジェロ・ガルシア
位置 ラ・パス県 マルカラ
標高 1,550m
品種 ゲイシャ
生産処理 アナエロビック ハニー
roast04

※豆の量は生豆の状態での重量です。焙煎を選択される場合は、焙煎後1~2割ほど減量いたします。

100g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥3,780(税込)
数量
250g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥7,560(税込)
数量