ケニア/ガタイティ ウェットミル

sa57

今季買付した中でも最もリッチな質感のケニアです。
コンプレックスがあり、熟したオレンジをはじめ、様々な果実の芳醇な甘さを堪能できます。焙煎の幅もあり、深煎りにするとキャラメルやベイクドアップルのフレーバーもあり、深煎りのケニアがお好みの方にもおすすめです。

詳細情報>
GathaithiWet Mill は Nyeri 県 Tetu 地域 Gathaithi 市の Gaki に位置しています。ナイロビからは北に約 160km の距離にあり、 Kenya 山と Aberdare 地域と呼ばれる高原地帯に挟まれているため、高品質なコーヒー生産に適した土地です。かつて巨大な Tetu 農協に所属していましたが、 2000 年に独立し Gathaithi 農協直属 の Wet Mill と して登録されました。 Gathaithi 農協所有のミルは当 Gathaithi 1 つのみとなっています。 Gathaithi Wet Mill 周辺
は 火山性の赤土に覆われており、コーヒーに適したミネラルや有機物を豊富に含んでいます。また収穫は1年に2 回あり、 9 月〜1月中旬の収穫期に約 70% が、 4 月 7月の収穫期に約 30% のコーヒーが収穫されます。生産される品種は SL28 と SL34 が 9 割近くを占め、 Ruiru11 と Batian で 約 10% となっています。コーヒー以外にバナナや豆が栽培される他、 Grevillea や Macadamia の樹がシェードツリーとして植えられています。
GathaithiWet Mill は 1 人 のマネージャーが運営しており、全ての活動を監督しています。また、他のスタッフと 共に持ち込まれるチェリーの 重量計測やグレード分け、生産者への支払いや生産者からの不平不満への対応などを行っています。

収穫は完全完熟チェリーのセレクトピッキングによって行われ、 収穫同日中に Gathaithi Wet Mill に 持ち込まれます。この際、完熟チェリーのみをプロセスするために質の悪いチェリーは取り除かれます。チェリーはパルピングされた後、ミューシレージを取り除くために一晩醗酵工程をとります。醗酵後は水路を通って タンク に運ばれ、そこでパーチメントは洗われて少しの間水に漬けられます。その後アフリカンベッドにて乾燥工程をとり
ますが、乾燥時間は気候や温度、他の生産処理中のコーヒーの量などによって調整されます。乾燥工程中は継続し て 異物・質の悪いパーチメントの除去や、均一に乾燥させるための撹拌が行われています。

【カップコメント】フローラル/ブラッドオレンジ/パイナップル/カシス/ハニー/ジンジャー/ブライトアシディティ/リッチマウスフィール

地区 ニエリ
精製方法 ウォッシュド
品種 SL34、 SL28、Ruiru11、Batian
標高 約1,720m
roast05

※豆の量は生豆の状態での重量です。焙煎を選択される場合は、焙煎後1~2割ほど減量いたします。

100g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥890(税別)
数量
250g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥1,780(税別)
数量
500g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥3,115(税別)
数量