タンザニア/ イユラ組合

sa54

数年ぶりに届いたタンザニア!イユラ組合はタンザニア南部高原地帯のソングウェ州に位置します。このロットは、従来のタンザニアのイメージより、とてもまろやかな果実の甘味があり、焙煎の幅も楽しめます。オススメ焙煎でアイスや、深煎りにしてミルクをいれても美味しくいただけます。

農園情報>
イユラ組合(IyulaAMCOS*)のあるイユラ村では1938年からコーヒーの生産が行われてきました。
最初のコーヒーの種子は現在組合の書記を務めるMchina氏の曽祖父が、ルングウェ地区の
宣教師から入手したといいます。その後、1952年に組合が設立され、1981年まではCAT(CoffeeAuthorityofTanzania,タンザニアコーヒー協会)により管理されていました。長い間、農家宅で収穫〜乾燥までを行うホームプロセスで精製を行っていましたが、ムシンビジ川から水を引き、2009年にパルパーを購入したことで2010年からフリーウォシュドへ精製を移行します。現在はIyula,Hateteの村に住む230名のメンバーが在籍しています。
農家は収穫したコーヒーチェリーを午後2時から6時の間にCPU*へ持ち込み、午後4時頃からパルピングを行います。収穫量の多い時期はパルピングの作業が午前3時頃まで及ぶこともあります。その後、ウェットパーチメントはカナルでの比重選別により4段階のグレードに分けられます。そして、天候に応じてドライファーメンテーションを24時間〜48時間行い、カナルでの水洗、8~12時間のソーキング、ドライングテーブルで9〜14日間かけて天日乾燥させられます。
*AMCOS ‘Agricultural Marketing Cooperative Society’
タンザニアにおける生産者の協同組合
*CPU’central pulping unit’
タンザニアで農家が共有する水洗処理場

カップコメント>チェリー/グレープ/オレンジ/シュガー/ラウンドマウスフィール

生産地区 ソングウェ州ムボジ地区
AMCOS イユラ組合
標高 1,702m
栽培品種 ブルボン(N39 90%、KT423 10%)
収穫時期 6月〜8月
roast06

※豆の量は生豆の状態での重量です。焙煎を選択される場合は、焙煎後1~2割ほど減量いたします。

100g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥640(税別)
数量
250g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥1,280(税別)
数量
500g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥2,240(税別)
数量