エルサルバドル/COE’20 ラス ブルマス農園 SL28 

sc96

今期初のCOE受賞ロットをお届けいたします。
2020年のカップオブエクセレンスは、新型コロナにより、開催国が減少しました。また、出品されるロットの総量も少なく、オークションは白熱し価格が高騰しました。COE入賞ロットは高額になりますが、素晴らしいコーヒーを体験いただける経験になると確信しています。

このロットはSL28にアナエロビック・ファーメンテーションを施し、ウォッシュド精製によって仕上げたものです。ブラックチェリーやトロピカルフルーツのようなジューシーな果実味、ベイクドアップルのような甘み、はちみつやお花など豊かなフレーバーを堪能することができます。浅煎りで是非お試しください。

農園情報>
ラスブルマス農園はソンソナテに位置し、ブルボン、SL28、ゲイシャ、パカマラなどを栽培しています。標高1460~1875m に60 ヘクタール、1700~2000m に30 ヘクタールの農園を持っています。今回のCOE でノミネートされたのは標高1900m で生産されたSL28 です。同農園はイサルコ火山の近くに位置し、噴火によって生成された肥沃な火山性の土壌、年間を通して曇りがちな天気はコーヒーの日照時間を減らし、コーヒーチェリーがゆっくりと成熟していきます。このような素晴らしいテロワールを特徴に持つラスブルマスは嫌気性発酵(アナエロビック・ファーメンテーション)など意欲的な生産処理方法への取り組みをおこなっており、同農園のコーヒー品質は絶大な評価を受けています。2012年のCOEでは栄光の第1位を獲得。2017年の世界最高バリスタに輝いた英国のデール・ハリス氏は、ワールド・バリスタ・チャンピオンシップで同農園のSL28のコーヒーを使用しました。

カップコメント>ブラックチェリー/トロピカルフルーツ/アップル/ハニー/コンプレックス/ジューシーアシディティ/スムースマウスフィール

農園主 JUAN JOSE ERNESTO MENENDEZ ARGUELLO
位置 ソンソナテ
標高 1,900m
品種 SL28
生産処理 ウォッシュド アナエロビック
roast05

※豆の量は生豆の状態での重量です。焙煎を選択される場合は、焙煎後1~2割ほど減量いたします。

100g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥1,900(税別)
数量
250g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥3,800(税別)
数量
500g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥6,650(税別)
数量