コロンビア/エル カフェタル農園 

ss32

ブラジルと対極にあるウオッシュドコーヒーの総本山ともいえるコロンビア。長らくコロンビアマイルドと言われてきたコーヒーは広域なカテゴリーの物が多く、ナリーニョ地方もそうしたカテゴリーの一つでした。しかし近年のより個性的、多様性に富んだマイクロロットの気運の高まりを受け、それまでは近隣農協や大手輸出業者に販売していた小作農の生産者、極小農園などに熱いまなざしが注がれることとなりました。
標高2,000m付近になるこの土地では、寒暖差によってチェリーは時間をかけてゆっくりと成熟します。24時間の発酵工程と、その後洗い流す工程を組み合わせた二重発酵プロセスを行います。そうする事でクリーンなコーヒーに仕上がります。

カップコメント>プラム/オレンジ/キャラメル/ブライト/ウェルバランス

農園名 エル カフェタル農園
位置 ナリ―ニョ県
農園主 レアンドロ アダルベルト マンチャバホイ カニャール
標高 1,940m
品種 カスティージョ カトゥーラ
生産処理 フリーウォッシュド
roast06

※豆の量は生豆の状態での重量です。焙煎を選択される場合は、焙煎後1~2割ほど減量いたします。

100g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥690(税別)
数量
250g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥1,380(税別)
数量
500g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥2,415(税別)
数量