ルワンダ/キリンビ コーヒーウォッシングステーション HN

sa31

初めて買い付けたルワンダのハニー精製のお豆!少量限定のこのロットは、収穫後標高の高い所で短期間寝かした後パルピングする事で、従来より更にクオリティがUP!柑橘系のジューシーな果実味が続きます。
浅煎りがおすすめです。

CWS情報>
キリンビコーヒーウォッシングステーション(以下、CWS)はルワンダ西部県ニャマシェケ郡に位置します。西部県は国内で最もコーヒーの収穫量が多いエリアで、ニャマシェケは現地の言葉で「甘い」という意味があります。キリンビCWSは国内最大の湖であるキブ湖に近く、土壌が肥沃でかつ、湖から吹く風により1日の寒暖差が大きいために、コーヒーの栽培に適した環境と言えます。
CWSは2015年に登録され、2016年2月より操業が開始されました。収穫初年度である2017年のロットがバリスタコンペティションで上位に入賞するなど脚光を浴び、操業初期ながらオセアニア・欧州を中心に高い評価をされました。現在はウォッシュト、ハニー、ナチュラルの3種類のコーヒーを生産しており、ルワンダで初めてナチュラル・ハニーの輸出が政府に公式に認められたCWSです。他の生産国や、消費国にも訪問し、精製技術やニーズを学び、収穫年度毎に様々なバリエーションの精製、クオリティ向上の取り組みを行っています。操業を開始して3年足らずで、ルワンダのスペシャルティコーヒーシーンに大きな影響を与えた、躍進を続けるCWSです。
【備考】キリンビCWSが輸出許可を得る以前は、ルワンダにおいてNAEB(ルワンダ農業輸出局)の方針により、ナチュラル・ハニーの輸出は禁止されており、ウォシュドのコーヒーのみ輸出が許可されていました。
※CWS・・・コーヒーウォッシングステーションの略

【カップコメント】オレンジ/マイヤーレモン/キャンディ/クリーンカップ/ブライトAC/スムースマウスフィール

ステーション名 ギシェケ
地区 カヤンザ
精製方法 西部県ニャマガベ群
品種 ブルボン
標高 1,650-1,850m
roast06

※豆の量は生豆の状態での重量です。焙煎を選択される場合は、焙煎後1~2割ほど減量いたします。

100g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥1,090(税別)
数量
250g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥2,180(税別)
数量
500g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥3,815(税別)
数量