コロンビア/ロス マンゴス農園

ss27

コロンビアには多数の生産地が点在していますが、カウカの生産者の方からのプレゼンテーションカッピングでこの豆と出会いました。常盤初のコロンビア南部にあるカウカ県のロットです。南部にはウィラ ナリ―ニョなどがあり、良質な珈琲豆の生産で知られています。このコーヒーは浅い焙煎では明るい果実感がしっかりと感じられ、おすすめのシティローストではチョコレートのような甘いコクもでてきます。お好みでお楽しみください。

農園情報>
コロンビアの南部カウカ県は、「ポパヤン」の名前で知られるコーヒー産地です。この一帯は、コロンビアのアンデス中央山脈と西部山脈に挟まれたエリアで、中心にある古都ポパヤン(標高1,760m)と、その周辺がコーヒー生産地になっています。中央山脈をはさんで東側にあるウイラはきつい勾配に対し、カウカ県は緩やかな高原地帯といった地形の趣があります。土壌は豊かな火山灰性で、夜間の冷え込みがコーヒーチェリーの熟成をゆっくりとさせ、酸味と甘味に優れた豆が収穫されます。
ロス・マンゴス農園はアラセリ氏が妻と4人の子供たちで管理をしている家族経営の農園です。3Haという狭小な面積ではありますが、品質の良いコーヒーを作る事で良好な生活環境の向上を懸命に目指しています。30年に及びコーヒーの生産に従事しているアラセリ氏は、現在ピッキングや生産処理プロセスに特に力を注ぎ、品質評価をフィードバックしながら、年々クオリティを上げています。こうした生産への取り組みで、この土地の素晴らしい土壌環境を表現したカップが生みだそうと努力を続けています。

カップコメント>オレンジ/洋ナシ/ブラウンシュガー/スムースマウスフィール/ウェルバランス

農園名 ロス マンゴス農園
位置 ハンバロ/カウカ県
農園主 アラセリ・ヴィトンコ
標高 1,612m
品種 カスティージョ
生産処理 フリーウォッシュド
roast07

※豆の量は生豆の状態での重量です。焙煎を選択される場合は、焙煎後1~2割ほど減量いたします。

100g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥690(税別)
数量
250g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥1,380(税別)
数量
500g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥2,415(税別)
数量