グァテマラ/ アンティグア ウナプ農園 

sc02
sc02

ウナプとは先住民族であったインディオ、ボルカンデアグアと呼ばれた古都アンティグアにすむマヤの一族によって名付けられました。アグア火山に連なる斜面に小さな区画を持つ小規模生産者たちは500にものぼります。
栽培される品種は伝統的なブルボンの他、カトゥーラ、カトゥアイ等が植えられており、当地域の代表を務めるフランシスコ氏によって集積されたのち、ふもとのベジャビスタミルに運ばれます。最近では同氏の他にチェリーを持ち込む代表者も増え、結果様々なロットが構成されています。
生産者たちはみな品質の向上に熱意を持ち、多大な努力を惜しみません。当農園は農園技師によるガイダンスにしたがって栄養状況の管理、細胞組織の検査、病害虫対策など、基本をしっかり押さえた取り組みを行っており。ウナプのテロワールは正統派ともいえるアンティグアのコーヒーとしてのアイデンティティーを表しています。

農園名 ウナプ農園
生産者 アンティグア小規模模生産者連合
エリア アンティグア サカテペケス県
プロセス フリーウォッシュド
品種 ブルボン、カトゥーラ、カトゥアイ
標高 1500m〜1900m
roast07

※豆の量は生豆の状態での重量です。焙煎を選択される場合は、焙煎後1~2割ほど減量いたします。

100g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥690(税別)
数量
250g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥1,380(税別)
数量
500g
挽き具合
焙煎度
在庫状態 : 在庫有り
¥2,415(税別)
数量